キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保の設定登記 : 不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保の設定登記

SITE MENU

不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保ローンベストアンサー画像

不動産担保の設定登記に必要な書類とその種類や金額、手続きの段取りを知って準備をしておこう

不動産担保の設定登記

不動産担保ローンを組んだら、融資を行った金融機関や、その保証会社の名義で、抵当権を設定登記します。

融資実行日の前に金融機関担当者から連絡がきて、印鑑証明書や実印などを持参して、金銭消費貸借契約及び抵当権設定契約という書類を出すことになります。

抵当権設定登記は、融資を実行するのに必要な手続きです。

金融機関の融資を保全するために登記をします。

そのため、お金を借りる側や、担保を提供する人が登記申請を行う必要はありません。

金融機関の担当者と、金融機関が紹介した司法書士との打ち合わせになります。

抵当権設定登記には、登録免許税がかかります。

インターネットを利用してオンライン申請したり、居住用の建物を新築したり、買い受けたりした場合に、登録免許税が軽減されます。

事前閲覧や登記事項証明書も有料になります。

不動産担保の設定に必要な書類は抵当権設定契約証書、権利証又は登記識別情報通知、印鑑証明書(交付後3ヶ月以内のもの)登記原因証明情報、登記用委任状、身分証明書の写しなどです。