キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 保証協会に直接不動産担保を差し出すメリット : 不動産担保ローンベストアンサー

保証協会に直接不動産担保を差し出すメリット

SITE MENU

不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保ローンベストアンサー画像

不動産担保ローンを銀行から手続きしている場合、保証協会への担保の配分は銀行主導になりがち、保証協会に直接話しを聞きに行くのも良い

保証協会に直接不動産担保を差し出すメリット

銀行から事業資金のための融資を不動産担保ローンで受けたとして、担保は銀行を通して保証協会と銀行が分け合っている状態になっています。

もちろん、不動産担保を直接保証協会に差し出すことで、保証協会の枠を確保しておくこともできます。

しかし一般的には銀行で不動産担保ローンの手続きをしている場合は、直接保証協会とのやりとりをしていないことが多いでしょう。

この場合、銀行側は保証協会と話し合い、担保の根抵当権の一部を、競売になった時には、保証協会へ優先的に充てられるということで、約束します。

つまり一部は保証協会の担保となるわけです。

この割合は、銀行では教えてもらえないことが多いのですが、保証協会で直に問い合わせてみると、教えてもらえることが多いといいます。

しかし、保証協会保証付融資を受けようと思っている場合、最初から保証協会に出向き、不動産担保を提示して、融資の保証をしてもらう交渉を行うこともできます。