キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンで保証人がいる理由 : 不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保ローンで保証人がいる理由

SITE MENU

不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保ローンベストアンサー画像

保証人が要らないと考えがちな不動産担保ローンでも、場合によっては金融機関から保証人をたてるように言われることも

不動産担保ローンで保証人がいる理由

有担保ローンの不動産担保ローンでは、利率も低く抑えられるし、不動産の担保力いかんでは、まとまった金額の融資が容易に受けられるイメージがあります。

借主の勤務形態すら問われないと思っている人もいるかもしれません。

金融機関によって、不動産担保ローンの規定が違いますが、融資を受けようと思うなら、ある程度借主側の返済能力を確認されることは覚悟したほうがいいでしょう。

また、不動産の担保力や、返済能力によっては、保証人をたてるようにアドバイスをされることもあります。

言い方を変えれば、保証人がいたほうが多額の融資を受けられるケースや、保証人がいることで融資そのものが可能になるケースもあります。

保証人をたてるのは、金融機関が融資の貸倒れリスクを軽減したいからに他なりません。

融資を受けた側が返済できなくなり、担保に設定した不動産の価値が下がってしまったというケースでも、保証人がいることで貸し倒れのリスクを減らすことができます。