キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保の根抵当権とは : 不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保の根抵当権とは

SITE MENU

不動産担保ローンベストアンサー

不動産担保ローンベストアンサー画像

不動産担保における根抵当権と普通抵当権、設定内容の違い、使い勝手やメリットを考える

不動産担保の根抵当権とは

不動産担保の根抵当権とは、不動産を担保に借金をした場合に設定される抵当権の種類です。

抵当権には普通抵当権と根抵当権のふたつの種類があります。

普通抵当権は、特定の債権を被担保債権とするのに対し、根抵当権は不特定の債権を、極度額の範囲で不動産担保にする目的で設定された担保物権をさします。

抵当権は住宅ローンなどの特定の債権に適用されます。

債権の金額も固定され、決まった額になります。

極度額は一般的に、不動産試算の担保評価額の110パーセントになります。

一度その不動産に対して普通抵当権が設定されると、別の担保と重複することはせきません。

根抵当権は一定範囲についてまとめて担保するために設定されているので、一度設定した根抵当権で、様々な種類を担保させることができます。

根抵当権のメリットは、最初に設定登記をしてさえおけば、一定額の範囲で、借りたり返したりといったことが可能になり、設定登記費用や登録免許税などが、最初の設定登記の時だけで済むので、コストや手続き上便利という点です。